お問い合わせ

BOOKS/著作物
濱田政則による著作物、論文、新聞記事の一覧になります。

最近の著作物
平成28.8 基礎工8月号:東日本大震災からの国土強靭化 熊本地震による災害を踏まえて
平成28.5 地震ジャーナル61号:臨海コンビナートの液状化・流動化対策
平成28.5 岩手日報:県公共嘱託登記土地家屋調査士協会創立30周年記念講演
平成27.5 電力土木5月号:臨海部コンビナートの強靭化と課題
著作(単著)
平成23.3 液状化の脅威・岩波書店
平成25.1 地盤耐震工学・丸善出版
平成26.5 Engineering for Earthquake Disaster Mitigation,Springer
著作(共著・共訳)
昭和59.5 海洋構造物入門(伊藤喜栄共訳)・技報堂出版
平成4.2 Case Studies of Liquefaction and Lifeline Performance During Past earthquakes, Volumes 1 and 2(T.D.O'Rourke共著) ・National Center for Earthquake Engineering Research, U.S.A
平成7.8 1995 年兵庫県南部地震液状化・地盤変位及び地盤条件(磯山龍二、若松加寿江共著)・社団法人地震予知総合研究振興会(The 1995 Hyogoken-Nanbu (Kobe) Earthquake, Ground Displacement and Soil Condition in Hanshin Area)
平成8.5 土木学会耐震基準等に関する提言集(編著)・土木学会
平成12.12 Earthquake Resistant Design Codes in Japan(日本道路協会等)・Japan Society of Civil Engineers
平成22.1 都市ライフラインハンドブック(編著)・(社)土木学会編、丸善株式会社
平成23.1 地盤・基礎構造物の耐震設計(編著)・地盤工学会
平成24.9 災害に強い社会をつくるために(鎌田薫編、浦野正樹、岡芳明、鈴村興太郎共著)・早稲田大学出版部
平成26.5 原子力耐震工学(曽田五月也、久野通也共著)・鹿島出版会
平成26.9 東京湾岸の地震防災対策(樋口俊一、中村孝明、佐藤孝治、飯塚信夫共著)・早稲田大学出版部
平成29.1 Earthquake Engineering for Nuclear Facilities(久野通也共著)・Springer
論文(単著)
昭和53.5 大型地下タンクの地震時挙動の観測と解析・土木学会論文報告集273号
昭和61 Large ground deformations and their effects on lifelines:1964 Niigata earthquake, Case studies of liquefaction and lifeline performance during past earthquakes, Vol.1 Technical Report NCEER-92-001,National Center for Earthquake Engineering Research, U.S.A.
平成4 Case studies on liquefaction-induced ground displacement during past earthquakes in Japan,Prediction versus Performance in Geotechnical Engineering, Balkema, pp.319-326
平成6 Large ground deformations and their effects on lifelines:1983 Nihonkai-Chubu earthquake, case studies of liquefaction and lifeline performance during past earthquakes,Technical Report NCEER-92-0001, Vol.1・National Center for Earthquake Engineering Research, U.S.A.
平成8 A study on flow characteristics of liquefied soil, Proceedings of U.S.-Japan cooperative research on urban earthquake disaster mitigation, U.S-Japan Joint Workshop and 3rd Grantees' Meeting, pp.89-96
平成8.3 阪神・淡路大震災―液状化による被害と教訓,COPITA, No. 19
平成15 液状化地盤の流動に関する研究,土と基礎51-12,pp. 7-10
平成17.6 液状化砂の流動特性に関する実験的研究,土木学会論文集No. 792/Ⅲ-71,pp. 13-71
平成21.6 大地は動く,地震ジャーナルNo. 47
平成23.6 東日本大震災と首都直下地震への対応,安全工学、Vol.50、No.6、pp.474-478
平成23.11 「長周期地震動周期」の大揺れに要注意、巨大地震、権威16人の警告,日本論点編集部、文芸春秋、pp.80-93
平成24.6 東京湾臨海コンビナートの液状化と対策,高圧ガス、Vol.49、PP.474-478
平成24.10 臨海部コンビナートの液状化に対する危険性と対策,消防科学と情報、No.110、pp.15-19
平成25.3 臨海部コンビナートの地震,津波に対する強靭化、国土強靭化、日本を強くしなやかに,国土強靭化総合研究所、相模書房、pp.185-204
平成25.9 防災社会の再構築に向けて、―東日本大震災の教訓と今後の地震防災対策―河川文化、その39,日本河川協会、pp.205-241
論文(共著・共編)
昭和50 Behavior of underground tanks during earthquakes(Izumi, H. and Soto, S.). The 4th Japan Earthquake Symposium, pp583-590
昭和50 Dynamic stresses of submerged tunnel during earthquakes(Akimoto, T. and Izumi, H.), The 4th Japan Earthquake Symposium , pp647-654
昭和55 Earthquake observation of underground structures and aseismic design(Yokoyama, M. and Sugihara, Y.), The 7th World Conference on Earthquake Engineering, Vol.6, pp485-492
昭和57 Earthquake observation on two submerged tunnels at Tokyo Port(Shiba, Y. and Ishida, O.), The 1st International Conference on Soil Dynamics and Earthquake Engineering, Vol.2, pp723-935
昭和58 Earthquake resistant design of rock oil tanks, American Society of Mechanical Engineers(Izumi, H., Sugihara, Y. and Iwano, M.), International Symposium on Earthquake Behavior and Safety of Oil and Gas Storage Facilities, PVP-Vol. 77, pp94-101
昭和59 Dynamic stresses of submerged tunnel during earthquakes(T. Akimoto, H. Izumi,), Proceedings of 4th. Japan Earthquake Engineering Symposium
昭和59 岩盤空洞の地震時挙動観測と考察(杉原豊、志波由起夫、岩野政浩)・土木学会論文報告集、341 号
昭和59 岩盤空洞の地震時ひずみの解析と耐震設計(泉博允,岩野政浩,志波由紀夫)・土木学会論文報告集、341号
昭和60 Earthquake observation and BIE analysis on dynamic behavior of rock cavern(Nakagawa, K. and Muranishi, Y.), The 5th International Conference on Numerical Method in Geomechanics, Vol.3, pp1525-1532
昭和61 Study on liquefaction induced permanent ground displacements(Yasuda,S., Isoyama, R., Emoto,K.),Association for The Development of Earthquake Prediction
昭和61 液状化による地盤の永久変位と地盤被害に関する研究(安田進、磯山龍二、恵本克利),土木学会論文集第376号/Ⅲ-6、pp. 221-229
昭和61 液状化による地盤の永久変位の測定と考察(安田進、磯山龍二、恵本克利) ,土木学会論文集,376号/Ⅲ-6,pp. 211-220
昭和63 arthquake damage by liquefaction-induced permanent ground displacement(Saito, K., Yasuda, S., Isoyama, R.), Proceedings of 9th. World Conference on Earthquake Engineering, pp.Ⅷ-213-218
平成2 福井地震および関東地震による永久変位(若松加寿江,安田進),第8回日本地震工学シンポジウム、pp. 957-962
平成2 液状化による地盤の大変位とその被害(安田進,若松加寿江),土と基礎38-6、pp. 9-14
平成3 1990年フィリピン地震による液状化と被害(若松和寿江、田蔵隆、吉田望),地盤工学会、土と基礎
平成4 Large ground deformation and their effects on lifelines: 1964 Niigata earthquake, Case studies of liquefaction and lifeline performance during past earthquakes(Yasuda, S., Wakamatsu, K.), Vol.1, Technical Report NCEER-92-0001, National Center for Earthquake Engineering Research,U.S.A
平成4 Large ground deformation and their effects on lifelines: 1948 Fukui earthquake, Case studies of liquefaction and lifeline performance during past earthquakes(Yasuda, S., Wakamatsu, K.), Vol.1, Technical Report, NCEER-92-0001, National Center for Earthquake Engineering Research,U.S.A
平成4 Liquefaction-induced ground deformation during the 1923 Kanto earthquake, Case studies of liquefaction and lifeline performance during past earthquakes(Wakamatsu, K. Yasuda, S.), Vol.1 Technical Report NCEER-92-001, National Center for Earthquake Engineering Research, U.S.A
平成6 An experimental and numerical study on liquefaction-induced ground displacement(Sato, H., Nakamura, T.),Proceedings of 5th National Conference on Earthquake Engineering, U.S.A.Vol.Ⅳ
平成6 A consideration of the mechanism for liquefaction-related large ground displacement(Sato, H., Kawakami, T.), Proceedings of the 5th U.S.-Japan workshop on earthquake resistant design of lifeline facilities and countermeasures against soil liquefaction, National Center for Earthquake Engineering, Technical Report NCEER 94-0026, U.S.A,pp.217-232
平成8 Liquefaction-induced ground displacement and its related damage to lifeline facilities, Special Issue of Soil and Foundations, (Japan Geotechnical Society)(Isoyama, R., Wakamatsu, K.), pp197-205
平成8 Liquefaction, ground deformation and their caused damage to structures, A special report on the 1995 Hyogoken-nanbu earthquake(Wakamatsu, K.), Japan Society of Civil Engineers, pp.81-98
平成8 Liquefaction-induced ground deformation and its caused damage during the 1995 Hyogoken-nanbu earthquake(Wakamatsu, K., Ando, T.), Proceedings of 6th. Japan-U.S. Workshop on Earthquake Resistant Design of Lifeline Facilities and Countermeasures Against Soil Liquefaction, Technical Report NCEER-96-0012, National Center for Earthquake Engineering, U.S.A.,pp.137-152
平成10 液状化による地盤の水平変位の研究(若松和寿江),土木学会論文集No. 596/Ⅲ-43、pp. 189-208
平成15 東海地震に対する御嵩町亜炭鉱廃坑危険度に関する調査(喜田和政、岩楯敞広、三輪滋),充てん第44号
平成21.6 2008 年汶川地震による被害と復旧のための日中技術協力(呉 旭),地震ジャーナル47、pp. 27-31
平成22 液状化地盤の流動抑制工法に関する実験的研究(樋口俊一),土木学会論文集A1(構造・地震工学)、Vol. 66,No. 1(地震工学論文集第31巻)、pp. 84-94
東京新聞
平成16.2 M8級、巨大地震想定 新耐震基準策定へ 土木学会など・朝刊
平成16.6 【Zoom Up】地震の揺れに弱い臨海危機・朝刊(酒井充)
平成20.6 唐家山のせき止め湖 排水に備え20万人避難 四川大地震・朝刊
平成24.2 「笹子」下り線 頭上の「危険」次々と見落とし、複雑な構造も足かせ・朝刊
平成24.12 トンネル崩壊 ボルト老朽化、脱線 前兆見逃し ずさん点検・朝刊
朝日新聞
平成11.3 液状化地盤が横へ「側方流動」の研究活発に 阪神大震災きっかけに・夕刊・
平成11.9 液状化が被害拡大 軟弱地盤、震動で揺らぐ トルコ北西部大地震・夕刊(泊次郎)・
平成14.10 廃坑内の残柱「地震で危険」御嵩町が中間報告【岐阜】・朝刊
平成14.6 危険調査に着手 御嵩町の亜炭坑後、東海地震の発生に備え【岐阜】・朝刊
平成14.8 液状化予測図作り直し 自治体、避難受け急ぐ 震災直後「マップと違う」被害多発・朝刊(岡戸佑樹・赤井陽介)
平成16.6 東海地震で100件陥没も 岐阜・御嵩町の亜炭鉱廃坑【名古屋】・朝刊
平成16.10 陥没の危険 御嵩の地下、潜む亜炭坑後(リポート岐阜)【岐阜】・朝刊(藤浦大輔)
平成17.4 スマトラ沖地震の被災児に「防災教室」インドネシア・バンダアチェ・夕刊(藤谷健)
平成18.6 (ぱーそん)浜田政則さん 初仕事はジャワ地震・夕刊(瀬川茂子)
平成18.7 (ぴーぷる)早大教授の濱田政則さん ツナミ忘れない 土木学会長がアチェ写真展・夕刊(戸村登)
平成18.11 「ゆっくり揺れ、対策を」巨大地震時に発生 土木学会・日本建築学会・夕刊(瀬川茂子)
平成19.12 (07ぎふを振り返る):5)御嵩の亜炭廃坑陥没 埋め戻しの費用は膨大【岐阜県】・朝刊
平成20.4 御嵩の亜炭廃坑、地震で陥没予想 議会特別委で学識者【岐阜県】朝刊
平成20.10 亜炭廃坑陥没の予防策を模索 国に穴埋め要望 御嵩の事故から1年【岐阜県】・朝刊 (高野文子)
平成22.12 陥没の危機、手つかず 岐阜・御嵩の亜炭廃坑【名古屋】・朝刊
平成23.2 直下地震、街襲う プレートや断層、日本に似たNZ・朝刊
平成23.8 封印された「東京湾炎上」「液状化で油や劇物が海に大量流出する」・アエラ(岡本進)
平成24.2 首都直下型地震、最悪のシナリオ「M7級発生、4年以内に70%」の衝撃・週刊朝日(修原大輔、岡野彩子)
平成24.11 (ニッポン人脈記)大地に聞く:5 地震学、防災に不可欠か・夕刊・黒沢大陸
平成25.12 五輪都市、急成長の死角 首都直下地震の被害想定・朝刊(前田大輔)
平成25.12 減災、そのために五輪開催、湾岸でも危険性 首都直下地震想定・朝刊(野呂雅之)
平成25.2 (災害大国 迫る危機)東海湾岸も対策急務 コンビナート、住民に不安【名古屋】・朝刊
平成25.2 (災害大国 迫る危機)重要施設、東京湾岸に集中 埋め立て地の液状化懸念【千葉県】・朝刊(岡戸佑樹)
平成25.2 東京湾岸、石油流出の恐れ 長周期地震、タンク被害 早大研究室調査・朝刊(黒沢大陸、高橋淳平)
平成25.4 大規模被災、再び「08年の教訓」耐震校舎は無事 中国・四川地震・朝刊(合田禄)
平成26.6 液状化、25%の地点危険 首都直下地震時のコンビナート経産省調査・朝刊(西尾邦明)
毎日新聞
平成14.6 廃坑危険度を調査、落盤予防策に活用--御嵩町【岐阜】・地方版(佐野裕)
平成14.12 亜炭鉱廃坑の危険度予備調査 震災時、破壊の可能性--御嵩町【岐阜】・地方版(佐野裕)
平成16.1 耐震基準見直し検討へ 「阪神」以上揺れを想定 「東海」「南海」に対応--土木学会・夕刊(鯨岡秀紀)
平成16.2 川崎市臨海部、大地震起きたら「側方流動」の恐れ--神奈川県が検討会設置・夕刊(鯨岡秀紀)
平成16.5 地震:液状化による地盤移動、護岸から300メートルで被害 阪神大震災で判明・大阪朝刊(鯨岡秀紀)
平成16.5 地盤移動:地震の液状化で、国基準の3倍に--早大調査・朝刊(鯨岡秀紀)
平成16.6 「その時まちは・新潟地震40年」/下 タンク「全面火災」どう対応【新潟】・地方版
平成17.9 備える大地:長周期地震動/中 石油タンクの補強急務・朝刊(中村牧生、去石信一)
平成18.11 長周期地震動:高層ビル、想定超え 重大損傷も--土木・建築学会の研究・夕刊(中村牧生)
平成19.1 備える大震災:X年前/中 振幅大きい長周期地震動・朝刊
平成22.1 基幹的広域防災拠点:地震に弱い隣接地 液状化、危険物流出の恐れ--東京湾岸・朝刊(石塚孝志)
平成23.6 東日本大震災:川崎の液状化情報提供を 早大教授が市民に呼びかけ【神奈川】・地方版(高橋直純)
平成24.2 東日本大震災:「教訓と対策」あす講演 浜田・早大教授が過去の解説や最新研究説明、質疑応答も【福岡】・地方版(三木陽介)
平成24.3 東日本大震災:「日本でM9以上は起きないだろう」専門家の思い込み悔恨 早稲田大学・地震防災、浜田教授・西部夕刊(三木陽介)
平成25.3 続大震災・安心の行方:/3 コンビナートの防災対策 危険物の情報共有なく【千葉】・地方版(森有正)
平成25.3 続大震災・安心の行方:/2 コンビナートの液状化 タンク漏出で火災危機【千葉】・地方版(森有正)
日本経済新聞
平成7.3 激震の構造(7)予測超えた液状化現象-技術過信、被害招く・朝刊(久保田啓介、森安圭一郎)
平成8.11 コンクリート同士接合、ヤマックス、新技術を開発・日経産業新聞
平成8.11 コンクリート、耐震性高い接合工法、ヤマックスが開発・地方版
平成16.5 巨大地震に備える減災技術(下)本物の建物で実験可能に-実測で最適対策探る・朝刊
平成16.9 早大教授浜田政則氏-建物の健全性診断で会社設立(大学VB人知を生かす)・日経産業新聞
平成17.8 大都市の死角(上)揺れ続ける首都-「もろい東京」に現実味(変わる備え)・朝刊
平成17.9 アチェで防災教育-早大教授ら、アニメで地震説明 夕刊(共同)
平成17.12 「国境なき技師団」発足、NPO法人の許可申請-自然災害の復旧を支援・日経産業新聞
平成20.6 岩手・宮城内陸地震、土砂崩れ多発、もろい火山灰層に水分、余震や降雨で拡大の懸念・朝刊
平成20.6 土木・地震など5学会、復旧へ技術支援・朝刊
平成21.4 地盤改良、木材利用でCO2削減、飛島建設が効果を実証・日経産業新聞
平成24.12 きしむコンビナート(4)識者インタビュー--早稲田大学教授浜田政則氏・地方版
読売新聞
平成7.1 人工島、高速道の橋脚下…液状化、国内最大規模に/兵庫県南部地震・朝刊
平成7.1 液状化で護岸「側方流動」神戸の埠頭、最大5メートルも/兵庫県南部地震・朝刊
平成7.5 [検証 阪神大震災](13)液状化 埋め立て地で噴出した弱点・朝刊(入江さやか)
平成7.7 阪神大震災の液状化、40枚の地図に 浜田早大教授らが詳細な分布図作成・夕刊
平成12.1 阪神大震災5年特集 台湾・トルコの教訓生かせ 大阪朝刊
平成14.6 陥没の危険はないか 亜炭坑跡の地盤調査 地震に備え御嵩町【岐阜】・中部朝刊
平成16.8 大地震で予想される陥没個所を住民に説明 御嵩の亜炭坑跡、調査の教授【岐阜】・中部朝刊
平成16.9 [災禍の教訓](上)長周期地震 安全基準にも揺さぶり【北海道】・朝刊
平成16.10 新潟県中越地震「地震に雨で危険性大」新幹線脱線現場付近、「液状化」跡 朝刊(高田真之)
平成16.11 [新潟県中越地震・震度7の警告](4)「神話」の崩壊・朝刊
平成17.4 [24時]御嵩町の亜炭鉱廃坑 震度5強、150地点陥没の恐れ【愛知】・中部朝刊(鈴木徹)
平成17.10 国境なき技師団 大災害の復興支援 日本の土木技術者らが来月NPO設立・夕刊
平成17.12 「顔」「国境なき技師団」設立の旗振り役を務めた 浜田政則さん 朝刊(佐藤淳)
平成20.5 「どうなる・どうする」津の空き地陥没に「原因不明」調査実施し公開を【三重】・中部朝刊(青山文彦)
平成20.6 四川大地震 復興へ日本の技術伝授 専門家、建物の補強策提案・朝刊(米山粛彦)
平成21.1 間伐材でCO2吸収 地中埋め土木基礎に福井高専、早大など研究【福井】・大阪朝刊
平成23.2 NZ地震 川沿いに被害集中 泥や砂、軟弱な地盤・朝刊
平成23.10 川崎でも液状化被害 京浜工業地帯9社の敷地内 本社調べ・朝刊(藤亮平)
平成23.12 27学会連携 震災考える 連続シンポジウム・大阪朝刊
平成24.1 川崎市の臨海地帯「液状化で移動」予測【神奈川】・朝刊
平成24.6 液状化 家守る工法、建物、杭で支え、地盤、砂で固め・夕刊
平成24.8 講演会「防災社会の再構築に向けて」・朝刊
平成25.1 [崩落の教訓・笹子事故1年](上)「安全最優先」意識の変化【山梨】・朝刊
平成25.1 [防災の知恵]亜炭廃坑 地震で崩落 場所特定へ調査急務【愛知】・中部朝刊
平成26.3 [大震災3年・神奈川の備え](3)液状化【神奈川】・朝刊(佐藤雄一)
平成26.6 「新潟地震」50年 液状化対策は?東京湾の地盤改良 道半ば・朝刊(前村尚、石川千佳)